関西生コンへの弾圧

加茂生コン事件で逆転無罪判決が出された。
大阪高裁は、組合員の子どもが保育所に通うために「就労証明書」を繰り返し要求した行為は強要未遂に当たらないとして無罪判決を出した。
労働組合の正当な活動を刑事事件にしようとすること自体、極めて異例なできごとであった。
ただ、この判決についてもう一言だけ話をすると、この判決についてインターネット上で報道機関は何も報じていない。
現時点ではレイバーネットだけが伝えている。
報道機関の姿勢そのものも問われている。
加茂生コン事件で逆転無罪判決
関連記事