コロナウイルスの蔓延と日米地位協定改定問題

全国各地に蔓延防止等重点措置が適用されました。コロナウイルス・オミクロン株の急拡大が大きな問題となっています。
今回のこのコロナウイルス急拡大は、沖縄・広島・山口なにおける米軍基地内でのコロナ感染急拡大がその発端となっています。神奈川でも、厚木基地やキャンプ座間など県内の米軍基地からコロナの感染者が拡大してきました。

政府はコロナ対策として、新規外国人の入国を原則として認めていません。しかし、その措置は米軍には一切適用されていません。米軍は自由に日本国内に入国可能となっています。在日米軍は日米地位協定によって、日本の法的規制から除外されています。この極めて不当な日米地位協定が、今回のコロナウイルス急拡大をもたらしたことは明らかです。

日米地位協定を見直し、対等な日米関係を築くことが極めて重要な課題となっています。それにも関わらず、現在の日本政府は地位協定の見直しを求めないという立場を明らかにしています。このような日本政府の姿勢は、日本に暮らす市民の生活を脅かすものであり到底容認できません。
関連記事