市民と野党の共闘をすすめる港北の会に出席しました

今日6/8は、港北公会堂で開かれた「市民と野党の共闘をすすめる港北の会」に社民党代表として参加してきました。
基調講演は「暴走政治を終わらせるために」というテーマで高田健さんがされました。
今回の「港北の会」の結成集会には立憲4野党の代表が揃いました。
民進党と共産党からはそれぞれ7区の公認予定候補が、自由党からは樋高剛さんが参加しました。私は社民党代表として、単にそれぞれの選挙区で統一候補を擁立するだけではなく、その18人の統一候補を神奈川の野党統一候補集団として擁立することの重要性を述べました。
また、この集会には民進党の真山議員と共産党の畑野議員も参加され、野党共闘の重要性を確認しあいました。
スポンサーサイト